善電工トップページ 住宅用火災報知器
住宅用火災報知器 Fire Alerm
住宅用火災警報器の設置が法律によって義務付けられました

消防法及び市町村条例により、全ての住宅に火災警報器等の設置が義務づけられました。(設置及び維持基準については、市町村条例(概要)で定められています。)

[新築住宅]

平成18年6月1日(施行)

[既存住宅]

各市町村条例により、原則として平成20年5月31日、遅くとも平成23年5月31日までを期限として、設置の完了が求められます。

住宅用火災警報器の設置が法律によって義務付けられました

1mにて約80dB

※ピーク値。鑑定基準に基づく自社測定による。

聞き取りやすい周波数帯

※0.3kHz〜4.0kHz

電池寿命約10年

音声警報なのに、リチウム電池1本で電池長持ち。
年二回の動作実験をした場合、電池寿命は使用条件などによって短くなる場合があります)

感度を自動補正して検知性能を維持

ホコリなどの汚れによる感度変化を自動補正します。※けむり当番のみ

取り付け簡単

電池式なので配線は不要。壁面にも取り付けできます

壁面にも取り付けられます

壁面取り付けをより簡単にするためのフックもご用意。※移報接点付きタイプには使用できません

安心のNSマーク付き

日本消防検定協会鑑定基準合格品

施工例